お肌の真皮ってどんな役割があるの?徹底調査した結果…

肌の土台となる真皮について知っていますか?

実は、お肌のハリや弾力と密接な関係があるんですよ。
今回は真皮の仕組み役割、そして真皮が衰える原因と対策について詳しく解説していきたいと思います。

真皮とは?

疑問を持つ女性

真皮は表皮の下に位置し、肌の土台となる部分です。皮膚組織の大部分を真皮が支えているので、肌の本体とも言えます。厚さは表皮の数倍から数百倍もあり、真皮の上の層を乳頭層、下の層を網状層といいます。

乳頭層には、毛細血管やリンパ管、神経、汗腺、皮脂腺などが通っており、ここで細胞に栄養素酸素を供給したり、皮膚内の老廃物を取り除いたりしています。また、表皮から送られてきた情報を皮膚感覚として捉えたり、体温調整をするなど、健康な皮膚を保つ上で重要な役割を果たしています。

網状層は真皮の大部分を占め、その70%はコラーゲンでできています。コラーゲンは線維状のタンパク質であって細胞ではないので、表皮細胞のようにターンオーバーすることはありません。

このコラーゲンが網目状に張り巡らされ、ゴムのように弾性を与えるエラスチンが繋ぎ止め、この間をヒアルロン酸が埋めています。

コラーゲンエラスチンヒアルロン酸の3つの働きによって、ハリや弾力、潤いのある肌を作っているんですね。

真皮はどんな役割を担っているの?

肌の断面図

真皮内の主な成分として、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、線維芽細胞があります。それぞれの役割を詳しく見ていきましょう!

コラーゲンはタンパク質の一種で、真皮の約70%を占めています。真皮内に線維状の束になって網目のように張り巡らされていることによって、肌の弾力やハリ、保水といった役割を果たしています。

エラスチンは真皮の約5%ほどしかありませんが、肌の弾力を保つ重要な成分です。ゴムのような弾力のある繊維であるとともに、コラーゲンを結び付け、支える役割をしています。

ヒアルロン酸は優れた保湿機能を持つゼリー状の組織です。コラーゲンやエラスチンの線維の間を埋めるように存在し、水分保持や肌弾力を支えるとともに、真皮構造を安定的に保つ働きをしています。

真皮の構造であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出しているのが線維芽細胞です。線維芽細胞は真皮の中に点在していて、古くなったコラーゲンやエラスチンを分解・排出する働きも持っています。

線維芽細胞が活発に働くことによって、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生産と分解の新陳代謝がスムーズに行われ、ハリと弾力のあるみずみずしい肌を維持することができます。

このように、線維芽細胞は美肌を保つ上で重要な役割を果たしているといえますね。

真皮は徐々に衰える…

小ジワそ気にする女性

真皮は様々な原因によって衰えていきます。線維芽細胞が衰えて正常に働かなくなると、新陳代謝も鈍り、真皮を構成するコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が生成されなくなります。

その結果…肌にハリや弾力、潤い、透明感が失われ、老化に繋がるのです。

真皮が衰える原因として、加齢紫外線細胞の酸化が挙げられます。加齢は誰しも避けては通れませんが、紫外線や細胞の酸化は予防することができます。

紫外線は、真皮にまで届いて線維芽細胞などに大きなダメージを与えるだけでなく、活性酸素も発生させ、肌に老化をもたらします。

細胞の酸化は、紫外線やストレス、喫煙、排気ガス、激しい運動、食品添加物などが原因と考えられます。紫外線やストレスなどによって細胞がダメージを受けると、体内の活性酸素が過剰に発生してしまいます。活性酸素は線維芽細胞を衰えさせ、コラーゲンやエラスチンを減少・劣化させることにより、肌のくすみシワたるみ乾燥などを引き起こします。

スキンケアや生活習慣を見直し、線維芽細胞を増やして活性化させることで、肌の老化を防ぐことができます。

スキンケアでの対策

スキンケアにおいては、線維芽細胞を活性化させることができる有効成分として、ビタミンC誘導体やナイアシン、レチノールなどがあります。自分の肌に合った化粧品を選び、正しいスキンケアを続けましょう。

紫外線対策

そして、一年を通して紫外線対策をしっかり行ってください。日焼け止めをこまめに塗り直したり、帽子や日傘などを上手に活用して、紫外線からお肌を守ることが大切です。

食生活での対策

食生活は、特にタンパク質やビタミンA・C・E、ミネラル、イソフラボン、コラーゲンを積極的に摂取しましょう。脂質や糖質の多い食べ物は、線維芽細胞にダメージを与えてしまいますのでなるべく控え、肉や魚、緑黄色野菜、大豆製品などを中心にバランスの良い食事を心掛けてください。

また、食事だけでは不十分な場合は、サプリメントドリンク剤を上手く活用すると良いでしょう。特におすすめなのがプラセンタです。プラセンタは線維芽細胞増殖因子(FGF)などの成長因子の他に、アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているため、線維芽細胞を増やし、活性化させることが期待できます。

適度の運動と睡眠

適度な運動は、細胞の酸化を抑制するだけでなく、ストレス解消にもなります。激しい運動は活性酸素を増やしかねないので、ウォーキングなどの軽い運動をすることをおすすめします。

線維芽細胞の衰えを防ぐには、質の良い睡眠も大切です。規則正しい睡眠によって、成長ホルモンの分泌が活発になり、傷ついた細胞が修復されます。就寝前は脳も身体もリラックスさせ、深い眠りに付けるよう心掛けてください。

まとめ

真皮のハリや弾力、潤いに大きく関わっています。

特に線維芽細胞が重要なカギとなり、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸のどの成分が欠けても美肌を保つことはできません。

スキンケアや生活習慣を見直し、線維芽細胞を活性化させて、ハリ・ツヤのある若々しい肌を維持していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です