シミ対策は紫外線を知ることが大事!種類や対策とは?

シミやそばかすの原因、紫外線が肌に良くないことは知っている人が多くいると思いますが、その紫外線には種類があって、種類によって肌に与える影響がって知っていますか?

せっかく紫外線対策していても、紫外線の種類に合っていなければ効果が低くなってしまいます。紫外線の種類と特徴を知って、正しい紫外線対策に役立てましょう。

紫外線とは?

紫外線

太陽光線には目に見える可視光線と、目に見えない不可視光線で構成されています。
不可視光線の中には赤外線、X線などいくつかの光線が含まれていて、紫外線もこのグループに分類され、太陽光線を形成している光線の一つです。地球の表面に届く太陽光線全体の6%程度が紫外線といわれています。

紫外線を表す「UV」とはラテン語で「Ultra-Violet(紫を超えた)」から来ています。可視光線は、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色で構成され、紫外線はこの光線の中で紫の外側に位置します。そのため、「Ultra-Violet」の頭文字を取って「UV」と表します。

紫外線の種類

地球に降り注ぐ紫外線

紫外線は波長の長さで分類されていて、「紫外線A波(UVA)」・「紫外線B波(UVB)」・「紫外線C波(UVC)」の3つに分かれています。波長な長さは、紫外線A波が一番長く、続いて紫外線B波、最も短いのが紫外線C波となります。

波長が短いほど人体への影響が大きくなりますが、オゾン層によってカットされやすくなるのが特徴です。そのため、紫外線C波はオゾン層でカットされ、地球上に到達する紫外線は紫外線A波・B波になります。しかし、近年オゾン層の破壊が懸念されているため、紫外線C波にも注意が必要です。

紫外線A波(UV-A)

紫外線A波は波長が長いためオゾン層を通過しやすくなります。地球上に到達する紫外線の90%は紫外線A波が占めています。雲や窓ガラスも通り抜けやすいため天候に左右されず、曇の日でも地上に到達するので、部屋の中でも対策が必要です。

そして、肌の奥まで到達し肌に影響を与えるのがこの紫外線A波です。人体へはそれほど大きく影響しませんが、紫外線A波は波長が長いため肌の奥深くにある真皮にまで到達します。そのため、ゆっくりジワジワと肌へ悪影響を及ぼし、いつの間にかシミやシワができていることがあります。

紫外線B波(UV-B)

エネルギーが強く肌に影響を与える紫外線B波ですが、波長が短いためオゾン層や雲に阻まれ、地上に到達するのは全紫外線量の10%程度です。

肌が赤く炎症し軽い火傷状態になるなど日焼けによって肌が黒くなるのは、紫外線B波を受けた影響です。紫外線B波は波長が短いため肌に与えるエネルギーが強くなります。

そのため、肌表面の細胞が損傷し炎症が起こり、がんやシミができる原因になる可能性がああります。

紫外線C波(UV-C)

紫外線C波はオゾン層に吸収されるため、地上に到達しない紫外線です。殺菌効果が高いため、人工的に殺菌灯を作り、医療現場などで利用されています。

紫外線の中では最も波長が短いため、人体に与える影響が強く、有害とされています。そのため、オゾン層の破壊が進むと紫外線C波が地上に到達したときに、人体だけでなく地球全体に様々な影響を及ぼす可能性があることが心配されています。

紫外線対策

紫外線対策を行っている女性

紫外線対策の基本は日焼け止めクリームの使用です。日焼け止めクリームにはSPFやPA+の表記が必ずされています。紫外線防止効果に関係してくるので何を表しているのか確認しておきましょう。

SPFはSun Protection Factor 」の略で紫外線B波を防止する効果を表すときに使います。SPFは2~50の正数値で示され、数値が大きいほど紫外線B波を防ぐ効果が高くなります。

PAは「Protection grade of UVA」の略で紫外線A波を防止する効果を表すときに使います。PAの横に付く+の数で効果が異なります。

PA+(効果がある)・PA++(かなり効果がある)・PA+++(非常に効果がある)・PA++++(極めて高い効果がある)の4段階で効果を表しています。

紫外線を防止するためにはSPFもPAも効果が高いものを選べばいいと思いがちですが、日焼け止めクリームが肌へ与える負担を考えると、そうともいえません。

日焼け止めクリームに配合される成分には、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤が使われています。両方の成分が使われる商品もあれば、紫外線防止剤フリーと記載される商品があるように、紫外線散乱剤のみが使われている商品もあります。

どちらも紫外線防止のために効果がありますが、紫外線散乱剤は乾燥肌になる恐れがあり、紫外線吸収剤は肌あれを起こす可能性があります。

そのため、成分が多く含まれるほど紫外線防止効果は高くなりますが、その反面、肌に負担がかかるのも事実です。

紫外線は肌だけでなく目の角膜からも吸収されます。脳が目から吸収した紫外線を感知すると、体を守ろうとして全身にメラニンの生成を促します。その結果、シミができてしまいます。そのため、サングラスの使用は、紫外線対策として有効な手段です。

その他にも、日傘や帽子を使うなど、できるだけ直射日光を浴びるのを防ぐことが紫外線対策に効果的です。

まとめ

紫外線の種類と日焼け止めクリームの効果確認できましたか?
最近では、UVカット効果のある衣類も売られています。クリームのベタベタする感じが苦手な人や、ゴミ出しなどのちょっとした外出のときに利用するのもいいかもしれません。

紫外線は春・夏だけでなく秋・冬も降り注いでいます。一年を通して必しっかり紫外線対策をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です