知らないと恐い…紫外線が与える肌への悪影響

知らないと恐い…紫外線が与える肌への悪影響

紫外線が肌にとって有害なことは知っていると思いますが、いったいどのように肌に影響を与え、肌はダメージを受けているのでしょうか。

肌への影響を知ればスキンケアや日常生活で気をつけるべきことが見えてきます。今回は、紫外線が肌へ与える悪影響を紹介していきます。

紫外線とは?

紫外線が地球に降り注いでいる様子

太陽光線には可視光線や赤外線などいくつかの光線が含まれていますが、紫外線も太陽光線の中の一つです。

紫外線は波長の長さで分類されていて、波長の長い順に「紫外線A波(UVA)」・「紫外線B波(UVB)」・「紫外線C波(UVC)」の3つに分かれています。

波長が短いほど人体への影響が大きくなりますが、地球を覆うオゾン層によってカットされやすくなります。そのため、紫外線C波は地球オゾン層でカットされ、地球降り注ぐ紫外線は紫外線A波・B波になります。

肌が赤く炎症し軽い火傷状態になったり、いわゆる日焼けによって肌が黒くなるのは紫外線B波の影響です。紫外線B波は波長が短く肌に与えるエネルギーが強くなります。そのため、肌表面の細胞を傷つけ炎症を引き起こし、がんシミができる原因になります。

エネルギーが強い紫外線B波ですが波長が短いためオゾン層や雲に阻まれ、地上に到達するのは全紫外線量の10%程度と少量です。

肌の奥まで到達し肌に影響を与えるのが紫外線A波です。人体への影響はそれほど大きくありませんが、紫外線A波は波長が長いため肌の真皮にまで到達します。そのため、紫外線B波のように肌が赤くなるなどの急激な変化はありませんが、ゆっくりジワジワと肌へ悪影響を及ぼし、いつの間にかシミシワができてしまいます。

紫外線A波は波長が長いためオゾン層を通過しやすいので、地上に降り注がれる量は紫外線B波の20倍以上といわれています。雲や窓ガラスも通り抜けやすいため、曇の日でも地上に到達しています。

紫外線が肌にもたらす影響

紫外線でダメージを受けた肌

肌は紫外線を浴びるとそのダメージから肌を守ろうとしてメラノサイトの働きを活性化させます。活性化されたメラノサイトはチロシンという成分を酸化させ、黒く変色してできあがったメラニンを大量に生産します。

できあがったメラニンは、肌細胞に取り込まれ分裂を繰り返しながら肌表面まで移動してきます。肌表面まで到達してきた細胞はメラニンを大量に含んでいるため肌が黒ずんで見えます。

肌が健康な状態でターンオーバーが正常に働いていればメラニンを含んだ肌細胞は角質となって一定期間肌表面に留まった後剥がれ落ちてくので、肌がトラブルを起こす問題はありません。

ところが、長時間紫外線を浴び続けたりターンオーバーが乱れると、メラニンを含んだ角質が剥がれず肌に蓄積され過剰に残ってしまいます。この過剰に残ったメラニンを含む角質がシミになります。

シミ以外にも紫外線は様々な悪影響を肌に及ぼします。紫外線A波が真皮に到達することで、真皮が担っている働きを悪くさせます。真皮は、肌のハリや艶、潤いを維持するのに欠かせない働きをしています。

真皮内にある線維芽細胞ではコラーゲンエラスチンヒアルロン酸といった肌を健康的に若々しくしてくれる成分を作っています。

紫外線A波が真皮に到達し、少しずつコラーゲンやエラスチンを変性させていきます。そのため真皮の働きが徐々に低下していき、シワやたるみができやすくなります。

また、紫外線は活性酸素を発生させる原因の一つです。活性酸素は細胞を錆びさせ老化を促進させます。肌に現れるエイジングサインは、肌細胞の酸化によってバリア機能が低下することでターンオーバーが乱れ、乾燥肌や毛穴の詰まりなど様々な肌のトラブルを引き起こす原因に繋がります。

紫外線対策

紫外線対策

肌へ悪影響を及ぼす紫外線ですが、日常のちょっとした注意で有効な対策を取ることができます。例えば。

  • 紫外線の量が多い日中の外出は避ける
  • 道を歩くときは日陰を選ぶ
  • 日傘や帽子を利用する
  • 日焼け止めを使う
  • UVカット効果のある衣服を着る
  • サングラスを利用する

これらは、紫外線対策の基本になるので日頃から取入れて実践することをおすすめします。

ついうっかり日焼けをしてしまった場合、食事とスキンケアでアフターケアをすることをおすすめします。紫外線を浴びた肌は炎症し軽いやけど状態にあり、細胞の酸化が進んでいます。これらから受ける影響を最低限に抑える対策を心がけることが大切です。

軽い火傷状態にある肌は敏感に傾いています。まずは冷やして沈静化し保湿ケアをしましょう。ホワイトニングなどの美容液は肌が落ち着いた後におこないましょう。

特に意識して摂取したい食べ物は、抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eやポリフェノールです。

まとめ

紫外線がどのようにに影響を及ぼし肌トラブルや老化を促進させるか理解すると、紫外線対策の大切さがわかってきます。

紫外線は、簡単な方法で防止対策を取ることができるので日常生活に積極的に取り入れましょう。
また、紫外線は一年中降り注いでいます。春夏だけではなく秋冬もしっかり対策して下さいね!