正しい洗顔方法でスッピン美肌!間違った洗顔でボロボロ肌…

正しい洗顔方法でスッピン美肌!間違った洗顔でボロボロ肌…

正しい洗顔と間違った洗顔の違い知っていますか?
洗顔はただ顔を洗うだけの簡単な作業ですが、洗顔のやり方には正しい方法があるんです。正しい洗顔方法を知ると肌の悩みが改善するかもしれません。

それでは、正しい洗顔方法を見ていきましょう。

洗顔の役割とは?

泡を手のひらに乗せる女性

洗顔の役割は、酸化した皮脂やメイク、古い角質などの汚れのみを落とすことです。

顔は常に外気にされた状態です。外気は、車の排気ガスやタバコの煙、花粉、黄砂、空気中のほこりなど様々な物質が含まれています。外気に触れることで空気中の汚れとなったこれらの物質が肌に付着します。

付着した汚れは肌から分泌される皮脂や角質、汗、メイクと混ざり合って肌の汚れの原因となります。肌の汚れは放おって置くと、酸化したり雑菌が増えることでニキビ肌荒れなど、様々なトラブルを招いてしまいます…

日頃何気なく行っている洗顔は、肌を清潔にして肌にトラブルを起こす原因を作らないことを目的とした大事なスキンケアです。

また、洗顔は肌を清潔にすることで洗顔後に使う化粧品の有効成分を肌に浸透しやすくする目的もあります。肌が汚れたままではいくら高価な化粧品を使っていても効果が期待できません。

意外に間違っている洗顔方法

洗顔をしている女性

肌がトラブルを起こさないためには洗顔が大切だからと言って、きれいになるためにしている洗顔方法が間違っていると、かえって肌に悪影響を及ぼします。

肌に良くない洗顔方法とはどんな洗い方なのか改めて確認しておきましょう!

先ず認識しておきたいのが、肌はとてもデリケートにできているということです。特に、顔の皮膚は体の中でも最も薄くできています。そのため、できるだけ肌を刺激しないように洗顔することが大切です。具体的な例を挙げていくので、普段の洗顔を思い出して、当てはまるものがないか見ていきましょう。

  • 力を入れてゴシゴシ洗う
  • 熱いお湯で洗い流す
  • 冷たすぎる水で洗う
  • シャワーの流水を直接顔に当てる
  • 洗顔料をしっかり泡立てていない
  • すすぎが不十分
  • 一日に何度も洗顔する

これらの洗顔方法に共通するのは、肌への刺激が強すぎることです。また、洗いすぎることによって肌に必要な皮脂潤い成分まで洗い流しています。

顔のベタつきが気になるからといって洗いすぎていると、肌の潤いに欠かせない皮脂や潤い成分を洗い流してしまい肌は乾燥します。乾燥した肌は肌を守ろうとして皮脂の分泌を多くします。その結果、さらにベタつきが気になる肌になってしまうという悪循環が生まれます。

このよう、間違った洗顔を続けていると肌はトラブルを起こしやすい状態になっていきます。

正しい洗顔方法

優しく洗顔をしている女性

正しい洗顔方法は、肌を刺激せずに酸化した皮脂や溜まった汚れ、要らなくなった角質を洗い流すことです。

具体的にどんな方法で洗顔したらいいのか、正しい洗顔方法の手順を紹介していくので今日から取り入れてみましょう。

手を洗う

手から雑菌が顔に移らないようにし手を洗います。また、手が汚れていると洗顔料の洗浄効果が落ちてしまうため手を清潔にします。

洗顔料を適量とりよく泡立てる

手と顔の間のクッションになるようにしっかり泡立てて弾力のある泡を作ります。
泡立てネットを使うと簡単に弾力のある泡が作れるのでおすすめです!

皮脂の多い部分から洗う

先ず初めにTゾーンから洗い始めて次にUゾーン、その次は目の周りや口の周りの順に
洗います。

洗うときは泡を潰さないようにして、力を入れずに指先を使って円を書くようにします。目や口の周りは皮膚が薄く乾燥しやすいため泡を乗せる程度で十分です。

洗う時間は1分~1分半で終わらせましょう。洗顔料を長時間肌の上に乗せることは肌の乾燥に繋がります。

すすぎ

すすぐときのお湯の温度は30度~34度程度のぬるいお湯を使います。シャワーの流水を直接顔に当てずに、お湯を手ですくってすすぎ残しのないように丁寧にすすぎます。特に髪の毛の生え際やフェイスラインは泡が残りやすいので念入りにすすぎます。

拭き取り

洗顔後は清潔なタオルを使い抑えるようにして水分を取り去ります。ゴシゴシこすることは禁物です。また、ゴワゴワしたタオルを使うことも肌を刺激する原因になるので、肌触りが柔らかいタオルを使うようにしましょう。

保湿

洗顔後はすぐに保湿ケアをします。洗顔後の肌は無防備な状態でどんどん水分が蒸発していきます。洗顔後3分以内に化粧水などで保湿しましょう。

その他、注意したいポイントは、

  • 洗顔の回数は基本的に朝と晩の1日2回とすること
  • 自分の肌に合った洗顔料を使うことと

一日に何度も洗顔することは肌に負担をかける原因になります。また、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりするなど異変を感じる洗顔料はすぐに使用を辞めましょう。

肌に合わない洗顔料の使用は、洗顔するたびに肌にダメージを与えている可能性があります。

まとめ

毎日正しく洗顔していれば、その効果が積み重なってやがて肌の悩みが改善されていきます。忙しいときでも、「優しく丁寧に」を心がけて、きれいなスッピン美肌を目指しましょう!