知らないと恥ずかしい…乳液の保湿効果と正しい使い方

毎日行うスキンケアの中でも、乳液の効果や正しい使い方はご存知ですか?

使った方がいいと思うから使っている
など、乳液を使用する意味が分からない方も多いはずです。

そんな、なんとなく使っていたり使い方が間違っていてはせっかくの乳液ももったいないですよね。

なので、今回は乳液の効果から正しい使用方法また気を付けたい事をご紹介していきたいと思います。

乳液の知識を豊富にしてスキンケアを楽しく行いましょう。

そもそも乳液とは?

手に乳液を出している女性

まずはじめに乳液にはどのような効果があるのかご説明していきます。
乳液のタイプや種類によって違いはありますが乳液には、

  1. 肌に潤いを与える
  2. 蓋をして乾燥を防ぐ

この2つの効果があると言われています。
化粧水の後に乳液を使用する事で、更に肌に潤いを与えます。

そして、乳液は化粧水と違い20〜30%の油分を含んでいることから、
化粧水や美容液の成分をお肌に閉じ込める蓋の役割もあるのです。

また、乳液の後のクリームでさらに肌に蓋がされ保湿効果もUPしますよ。

乳液で正しい保湿!

スキンケアを行っている女性

次は乳液の正しい使い方をご紹介していきます。

あなたの乳液の使い方は正しいですか?もしかしたら、間違っているかも…
この機会に、今一度自分がどのように乳液などスキンケアを行なっているのか確認してみてくださいね。

正しい使い方を知り乳液の効果をしっかり実感できるようにしましょうね。

乳液の使用手順とポイント

1.化粧水や美容液をつける

乳液の種類にもよりますが、
基本的には化粧水や美容液を使用した後に乳液を使います。

ここで、ポイント①です。

化粧水や美容液を使用後、温かい手で肌を包んであげる事で浸透が良くなるので、化粧水や美容液をしっかり肌になじませましょう。

2.乳液を適量手にとる

乳液のメーカーによって使用量は異なると思いますが、使用量が推薦されている場合は使用量を守って下さいね。

しかし、使用量が推薦されていない場合は10円硬貨〜1円硬貨大くらいを目安に使用して下さい。

ここで、ポイント②です。

手にのせた乳液を手のひらで温めてから使用する事で、浸透感を高められ肌になじみやすくなります。

3.顔全体に優しくなじませる

決して叩いたりせず、優しく優しく肌を包み込むようになじませていきます。
目や口元など乾燥が気になる部分には少量を手にとり2度重ねて塗りましょう。

皮脂が多くテカりやすい人は、油分が多いと皮脂の詰まりが原因でニキビができやすくなるのでTゾーンなど、皮脂が多いところは控えめにするのがよいですね。

また、スキンケアの基本として強くこすったり、すり込んだりするとお肌が傷ついてしまったりキメが削れてしまうので要注意です。

キメが削れてしまえば、

  • 肌が暗く見える
  • 化粧ノリが悪くなる
  • 溝で水分を保てないので乾燥しやすい

など、様々な原因にもなるんです。
しかし、丁寧にスキンケアを行なっていればキメも復活してきますよ。

乳液を使用してはいけない肌があるって知ってますか?

驚く女性

乳液を付けると逆に肌荒れしてしまう、ニキビができてしまう。

そんな方いませんか?
実はそれ、脂漏性皮膚炎という病気の可能性があります。

脂漏性皮膚炎とは…
皮脂を多く分泌する脂性肌の人がなりやすい病気です。
多すぎる皮脂にマラセチア菌というカビの一種が増殖し、肌の炎症を引き起こします。

乳液やクリームにも油分が含まれているので塗るのは控えましょう。

脂漏性皮膚炎は、

ストレスホルモンバランスの乱れから皮脂の分泌が増えてしまう
ビタミンB群の不足で皮脂分泌のコントロールができなくなった
○不十分な洗顔

など、様々な原因が考えられます。

ビタミンB群を基本としたビタミンのバランスのとれたサプリメントを飲んで補う事や正しい洗顔方法、また枕カバーや化粧パフなど顔に触れるものを清潔に保つ事などで肌荒れは改善されます。

自分が使用している乳液が肌に合わないと感じる方は植物由来の界面活性剤が含まれている乳液を選んで見てください。

どれを試しても肌荒れが改善しない!
そんな方は、皮膚科で肌荒れの原因菌を調べてもらうのもよいと思います。

まとめ

乳液効果や意味が分かると、今までなんとなく乳液をつけていたのが目的意識も変化していきますよね。

今の肌に必要な乳液はどのタイプなのか、使い方は合っていたのか見直す機会となれば幸いです。そして、脂漏性皮膚炎などの問題が無ければ、保湿性の高い自分に合った乳液を使うようにしましょう。

毎日使っていても洗顔後のつっぱりが気になったり肌トラブルが改善されていなければ自分に合ってるとは言えませんよね。

肌が乾燥する事で、敏感肌・ニキビ・シワ・毛穴の目立ちなど様々な肌トラブルへ繋がります。
肌トラブルを起こさない、改善するためには保湿は欠かせません。

たくさんの種類の乳液が販売されていますが、保湿成分が含まれているか確認して購入する事をおすすめします。

毎日行うスキンケアは正しく行い美肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です