肌の保湿成分の種類はどのくらい?徹底調査した結果

保湿成分といえば、「セラミド」や「ヒアルロン酸」が有名ですが、この他にも多くの保湿成分が存在しています。

保湿成分の特徴を知った上で、自分が使っている化粧品にはどんな保湿成分が配合されているのかを知っていれば、肌の状態に合わせた正しいスキンケアをすることができます。

そこで今回は、スキンケアに役立つ保湿成分の種類と特徴を紹介していきます。

保湿成分の役割

保湿されている肌と乾燥している肌

保湿成分の役割は、「肌の潤いを維持する役割」と「肌のバリア機能を正常に働かせる役割」を担っています。この2つの働きは、私達の美容と健康を維持する上で欠かすことができません。

人間の体の中には元々保湿成分があり、その保湿成分は皮膚の中に存在しています。皮膚は大きく分けて3つの層で形成されています。肌表面から順に「表皮」・「真皮」・「皮下組織」で構成されています。この皮膚の組織の中で保湿成分が存在しているのは、「表皮」と「真皮」です。

肌表面に近い部分に保湿成分があることで、肌内部の水分の蒸発を防ぎます。
肌の水分は複数ある保湿成分のバランスが保たれることで潤いを保つことができます。そして、肌の潤いが保たれることでバリア機能が正常に働き、紫外線やウイルスの侵入など外部から受ける刺激から肌を守ってくれます。

保湿成分は4つのグループに分けられる

4つの保湿成分

保湿成分は、保湿する手段から4つのグループに分けることができます。
保湿力の強い順に「水分を保湿成分で挟むタイプ」・「水分を保湿成分で挟むタイプ」・「保湿成分の中に少しだけ水を吸収するタイプ」・「油でフタをするタイプ」となります。それぞれの働きについて詳しく見ていきましょう。

 水分を保湿成分で挟むタイプ

保湿成分で水分をサンドイッチ状に挟み込むのがこのタイプの特徴です。水分を蒸発させずに維持する力は強力で、保湿成分がなくならない限り水分を保持し続けます。

保湿成分の中に水を吸収するスポンジタイプ

保水力と吸収力に優れているのがこのタイプの特徴です。水は放おって置くと蒸発しますが、スポンジタイプの特徴を持った保湿成分は、保水力の高さから蒸発してもなかなか水分がなくなることはありません。

保湿成分の中に少しだけ水を吸収するタイプ

水分をたくさん吸収することはできません。少量の水分を含ませるのが限界なので、スキンケアに使う成分としては向いていないタイプです。一時的な保湿ケアに向いているタイプの成分です。

油でフタをするタイプ

油で膜を張り、フタをするように水分を覆うのがこのタイプです。このタイプはフタで100%完璧に覆われていないと水分が逃げてしまいます。少しでも覆われていない部分があると、水分はそこから逃げてしまうので、扱いが難しいタイプです。

保湿成分の種類と特徴

セラミド

保湿成分がどんな手段で保湿するのか理解したところで。次は、保湿成分の種類と特徴について見ていきましょう。

セラミド

セラミドは元々体の中に存在する保湿成分で、水分を挟んで潤いを維持するタイプの保湿成分です。表皮の中でも最も外側にある「角質層」に存在し、角質層内で角質細胞同士の隙間を埋める働きをしています。

元々体の中に存在している成分なので、肌なじみが良く保湿効果が高いので、化粧品に配合されていることも多くあります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も元々体の中に存在している保湿成分で、「真皮」に存在するスポンジタイプの保湿成分です。肌の水分を維持してハリや弾力をつくるのに欠かせない成分ですが、年齢と共に生産能力が減少していきます。

ヒアルロン酸が吸収できる水の量は、ヒアルロン酸1gに対して約6000mlの水分を吸収することができるほど、優れた保水能力を持っています。

ヒアルロン酸が配合された化粧品もありますが、セラミドほど肌へのなじみは良くありません。

レシチン

一般的に使用されるのは大豆から抽出された大豆レシチンで、水分を挟んで潤いを維持するタイプの保湿成分です。セラミドほどではありませんが、肌なじみが良く保湿効果に優れています。

コラーゲン

真皮」の主成分で、肌の潤いを保ちハリを与えてくれる、スポンジタイプの保湿成分です。化粧品で使われるのは牛や豚由来の加水分解コラーゲンで、一度吸収した水分は逃さないほど高い保湿効果を持っているので、保湿性分として配合されています。

分子の大きさが大きいため、真皮までは到達しません。コラーゲンはアレルギー反応を起こしにくい物質なので、肌が弱い人も安心して使えます。

エラスチン

コラーゲンを結束してまとめる役割をしているスポンジタイプの保湿成分です。コラーゲンと共に、肌の潤いを保ちハリをつくりだしています。

保湿効果の高さから化粧品に配合されることが多くあります。化粧品で使われるエラスチンは、はブリ・カツオ・タラなどの魚や豚などの動物から抽出したエラスチンを加水分解したものです。

天然保湿因子

角質細胞内にある保湿成分で、少しだけ水を吸収するタイプです。アミノ酸や尿素など、約20種類の成分で構成されています。保湿効果は高くないため乾燥肌対策として使う成分としては向いていません。

まとめ

保湿成分は様々な種類とタイプのものがあることがわかりました。きちんとスキンケアしても肌が乾燥する場合、化粧品に配合されている成分を確認してるみことも必要です。目的にあった成分が配合された化粧品を選んで、きれいな肌を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です