肌の保湿はなぜ必要?乾燥と肌トラブルの関係とは?

肌の保湿はなぜ必要?乾燥と肌トラブルの関係とは?

スキンケアで重要といわれている保湿ですが、なぜの保湿が重要なのかご存知でしょうか?

この記事では保湿の必要性と乾燥から起こる様々トラブル、正しい保湿の方法をお話ししていきます。

肌はなぜ保湿が必要なのか?

美肌の女性

肌に保湿が必要な理由は肌の役割に深く関係しています。
まずは肌の重要な2つの役割をご紹介します。

肌のバリア機能の維持

肌表面には、外部からの異物の侵入や刺激から身体を守る役割があります。これが肌の「バリア機能」です。このバリア機能は皮脂膜と角質層の水分を保持する働きによって成り立っています。つまり肌の潤いが不足するということはバリア機能の低下につながります。

ターンオーバーの周期を保つ

ターンオーバーとは細胞の生まれ変わりのことを言います。いわゆる新陳代謝です。ターンオーバーの周期は長くても短くてもトラブルを引き起こす原因となります。周期を保つためにも保湿は重要です。

肌の機能を維持するためにも保湿が必要だということはおわかりいただけたでしょうか。
次は乾燥によるトラブルについてお話していきます。

乾燥が原因で起こる肌トラブル

ニキビを気にする女性

それでは潤いが不足して乾燥しているとどのようなトラブルが起こるのでしょうか。
乾燥が原因のトラブルをまとめていきます。

肌のつっぱり

お風呂から出た後や洗顔後に肌のつっぱりを経験したことのある方も多いのではないでしょうか。水分が一気に蒸発して乾燥することで肌のつっぱりが起こります。

肌のテカリ

脂性肌だからとお考えの方もいるかもしれませんが、肌のテカリにも乾燥が関係しています。乾燥していると、肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

毛穴の開き

乾燥毛穴という言葉、耳にしたことがある人も多いかもしれません。水分が低下することで皮膚がたるんで毛穴が目立つようになってしまいます。また、皮脂が過剰に分泌されることも原因の1つです。

毛穴の詰まり

本来排出されるはずの古い角質や汚れが残って毛穴を塞いでしまいます。乾燥ターンオーバーの乱れが原因で起こります。

ニキビ、吹き出物

大人になっても周期的に繰り返すニキビや吹き出物はバリア機能の低下が関係しています。部分乾燥からニキビや吹き出物になることも。

小ジワ

乾燥している肌では弾力が不足し、元に戻りにくく残ってできてしまうのが小ジワ。特に目元や口元は摩擦が起こる回数が多いので、小ジワのできやすい箇所でもあります。

くすみ

乾燥してバリア機能が低下すると角質を厚くして肌を守ろうとします。また水分量の低下で透明感が失われていきます。角質が厚くなり透明感がなくなることでくすんで見えるのです。

シミ

シミの原因のひとつはメラニン色素です。ターンオーバーが活発だと古い角質と一緒にメラニンは排出されていきます。しかし、ターンオーバーの乱れや乾燥により角質が排出されずに厚くなると、メラニンも肌表面にとどまるためシミとして目に見えるようになります。

多くの悩みに乾燥が関係しています。乾燥の原因は外部からの刺激やストレスなど様々です。
しかし原因のひとつとして、普段のスキンケアにも隠れているかもしれません。
続いては正しい保湿方法を紹介していきます。

肌の正しい保湿方法

スキンケアを行う女性

毎日行っているスキンケア、実はそこに乾燥の原因が隠れているかもしれません。
重要なポイントは

  1. 適量と使用方法を守る
  2. 肌に負担をかけないようにする
  3. 肌にしっかりなじませる

この3つのポイントをおさえて各スキンケアの方法を見直してみましょう。

クレンジング・洗顔

汚れやごわつきが気になるからと言ってゴシゴシこすってしまうと肌に負担がかかります。先に目元や口元のポインとメイクは事前に落としておくことで肌への負担も軽減できます。

記載された使用量を確認して使用目安よりも少ない量にならないようにしましょう。使用量が少ないことで汚れが十分に落ちなかったり、必要以上にこすってしまう原因になります。タオルで顔を拭くときは、やさしくタオルで抑えるように水分を取りましょう。

化粧水

洗顔後は乾燥しやすいので、すぐ化粧水をつけるようにしましょう。肌が吸収できる量は限られているといわれています。記載された適量を守りましょう。コットンを使ったり手で塗布したり、やり方は様々ですが化粧水塗布後に手のひらで覆ってなじませると潤っているか確認できます。

美容液

美容液は美容成分が凝縮されているスキンケア用品です。肌悩みの対策には美容液の使用が効果的です。悩みに応じたタイプの美容液を使うようにしましょう。

乳液・クリーム

化粧水や美容液でしっかりケアしても、そのままではすぐに蒸発してしまいます。乳液やクリームでしっかりフタをしましょう。基本はやはり適量を守ることが大切ですが、べたつきが気になる方はさっぱりしたタイプにしたり、部分的に容量を減らすなど使い方を工夫しながら使用しましょう

保湿におすすめの美容成分

保湿に効果的とされる美容成分には、ヒアルロン酸セラミドコラーゲンが挙げられます。
人間の皮膚に存在し、保湿の役割を担っている成分なので取り入れてみましょう。

普段何気なく行っているスキンケアも、少し意識してみるだけで効果が違ってくるかもしれません。

まとめ

の機能を知ること、乾燥が原因のトラブルを知ることで保湿の重要性がより明確になったのではないでしょうか?

すべてのトラブルの原因が乾燥ということではありません。
しかし、様々なトラブルの予防や対策のひとつとして正しい保湿ケアを身に着けることが、健康的で美しい肌への第一歩なのです!