日焼け止めの正しい選び方と注意点!

季節が暖かくなると毎年様々な種類の新しい日焼け止めがお店に並び始めますが、みなさん何を基準に選んでいますか?

今回は、日焼け止めの種類や選び方、日焼け止め効果を知る方法を紹介していきます。これから日焼け止めを選ぶ際の参考にしてみて下さい。

日焼け止めの役割とは?

日焼け止めを手に出す女性

紫外線は肌に悪影響を及ぼすことが知られていると思います。肌は紫外線を浴びると、日焼けして肌の色が濃くなるだけでなく「乾燥シミしわターンオーバの乱れ」などの肌がトラブルを起こすだけでなく、皮膚がんの原因にもなります。このように、美容と健康に大きく影響してくるのが紫外線!

日焼け止めは紫外線が肌に浸透させないようにすることが目的です。紫外線の影響によって肌や体が被害を受けないようにすることが日焼け止めの役割となります。

日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶときに最初に確認してほしいのが、使用できる部分です。日焼け止めには「顔用」と「体用」があります。顔と体では皮膚の厚みや皮脂の分泌量が異なるため、商品によって推奨される部分が記載されています。

顔用のものを体に使用するのは問題ありませんが、体用のものを顔に使用することは避けましょう。顔の皮膚は体の中で最も薄くできています。そのため、体用の日焼け止めは顔皮膚に負担をかける可能性があります。できるだけ使用する部分に適したものを使うことをおすすめします!

紫外線の強さ

紫外線は太陽光線の中の一つで、波長の長さによって3つの種類に分けられます。波長の長い方から順番に「紫外線A波(UVA)」・「紫外線B波(UVB)」・「紫外線C波(UVC)」に分けられています。

紫外線は波長が短いほど人体への影響が大きくなりますが、オゾン層によってカットされやすくなるのが特徴です。そのため紫外線C波はオゾン層でカットされ、地球に到達するのは紫外線A波B波の2種類になります。

紫外線A波は人体への影響は大きくありませんが、波長が長いため肌の真皮にまで到達します。紫外線B波のように肌が赤くなるなどの急激な変化はなく、ゆっくり肌へ悪影響を及ぼし、いつの間にかシミシワができてしまうことに…

紫外線B波は波長が短く肌に与えるエネルギーが強くなります。日焼けして肌の色が濃くなったり、赤く炎症し軽い火傷状態になります。肌表面の細胞が傷つき、がんやシミができる原因になります。

近年オゾン層の破壊が進み紫外線C波が地球に到達することが懸念されています。紫外線C波は波長が最も短く人体に有害とされています。また、人体だけでなく地球全体に与える影響も心配されているのです!

SPF・PAとは?

日焼け止めには必ずSPFPAの記載があります。SPFとPAが何を表しているのかが理解できると、日焼け止め選びの基準になります。

「SPF」は紫外線B波を防止する効果を表すときに使います。SPFは2~50の正数値で示され、数値が大きいほど紫外線B波を防ぐ効果が高くなります。

2~50で表されている数字は、日焼けが起こるまでの時間をどのくらい遅らせることができるかを示しています。

どのくらいの時間で日焼けが始まるのかには個人差がありますが、紫外線に当たり始めてから15分~20分で日焼けが始まるとされています。SPF50の場合、この日焼けが始まるまでの時間を50倍遅らせることができるということになります。

つまり、15分~20分×50=750分~1000分となるので、750分(約12時間)~1000分(約16時間)日焼けを防ぐ効果があるとなります!

「PA」は紫外線A波を防止する効果を表すときに使います。PAの横に付く+の数で効果が異なります

PA+(効果がある)・PA++(かなり効果がある)・PA+++(非常に効果がある)・PA++++(極めて高い効果がある)の4段階で効果を表しています。

日焼け止めは時間の経過とともに汗や皮脂で流れてしまいます。そのため、こまめな塗り直しが必要です。

シーンに合わせて日焼け止めを使い分ける

買い物や通勤など1時間以内の外出にはSPF・PAが低いもの。レジャーやスポーツなど1時間以上紫外線に当たる可能性がある場合はSPF・PAが高いものを選びましょう。

また、プールや海水浴など水辺で過ごす際は、水で流れにくいウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

このように生活のシーンによって日焼け止めを使い分けると、適切な紫外線対策を
取ることができます。

日焼け止めの注意点

肌を気にする女性

日焼け止めに含まれる紫外線防止成分には肌あれを起こすものが含まれているので注意が必要です。

紫外線が肌に浸透するのを防ぐために日焼け止めには紫外線吸収剤が配合されています。紫外線吸収剤は肌に負担をかけ最悪の場合肌がトラブルを起こします。

SPF・PAの効果が高いものにはこの紫外線吸収剤が多く含まれているため、肌荒れを起こすリスクが高くなってしまいます。

紫外線A波は、一年中地球に降り注いでいます。肌のためには年間を通して紫外線対策をする必要があることを覚えておきましょう。

まとめ

きちんと紫外線対策するには、日焼け止めに記載されている内容を理解して生活のシーンに合わせて使い分けることが大切です。

紫外線は肌の大敵です。しっかり対策してきれいな肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です