クレンジングのやり方間違ってない?意外と知らない正しい方法や手順とは?

クレンジングのやり方間違ってない?意外と知らない正しい方法や手順とは?

クレンジングの正しいやり方を知っていますか?

クレンジングはキレイな肌を保つための1番重要なものです。自己流でクレンジングを使用しているとメイク汚れや余分な皮脂などが残り、肌トラブルの原因にもなります。

汚れが残らないように力を入れてメイクを落としているという方は、力を入れすぎるとシワの原因にもなりますし、落としたいはずの汚れが毛穴の中に入ってしまうこともあります。

では、正しいクレンジングのやり方とはどのような方法でしょうか?詳しくみていきましょう。

クレンジングの役割

毛穴汚れが洗い流される様子

クレンジングは、メイクなどの汚れや余分な皮脂、そして角栓や黒ずみなどを落とすものです。

主に油性の汚れや落ちにくい頑固な毛穴のつまりなど落とす役割があるので、正しい使い方をマスターすればキメ細やかな肌になることができます。

クレンジング剤の種類

クレンジングの種類

クレンジングオイルクレンジングクリームクレンジングミルククレンジングリキッドクレンジングジェルこの5種類の特徴とメリットとデメリットをご紹介します。

自分のお肌に合ったクレンジングを見つけるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

クレンジングオイル

〈特徴〉
洗浄力が高いので、メイクが落ちやすく洗い上がりがスッキリ。しっかりとメイクされる方にオススメ!

〈メリット・デメリット〉
皮脂汚れや古い角質、毛穴の汚れが気になる方にはしっかりと落としてくれます。その反面、洗浄力が高いので、肌に必要な皮脂や天然保湿成分までも奪われてしまい、肌が乾燥してしまう恐れもあります。

クレンジングクリーム

〈特徴〉
テクスチャーに厚みがあるため、摩擦を軽減する。肌への刺激が比較的弱い。

〈メリット・デメリット〉
肌への刺激が弱いので敏感肌の方にオススメです。その反面、クレンジングオイルと比較してオイル成分が少ないため、メイク落ちがあまりよくありません。

クレンジングミルク

〈特徴〉
乳液状タイプでサラッとした使用感。テクスチャーはなめらかで伸びがいい。ナチュラルメイクや乾燥が気になるときにオススメ。

〈メリット・デメリット〉
クレンジングの中で最も洗浄力が弱く乾燥・肌荒れが気になる方にオススメです。その反面、ウォータプルーフやリキッドファンデーションなど普段使用されているメイクをしっかりされる方は、メイク汚れなどを十分に落としきれません。

クレンジングリキッド

〈特徴〉
水分ベースタイプ。テクスチャーはサラっとしている。洗浄力は低くい。

〈メリット・デメリット〉
オイルフリーなのでニキビを悪化させにくいが、洗浄力が低いので、肌を擦らないように注意が必要。

クレンジングジェル

〈特徴〉
吸水性・浸透性が高いため肌への摩擦を抑える。テクスチャーはジェル状で厚みがある。水性・油性の2種類のタイプがある。ナチュラルメイクの方にオススメ!水性の場合、マツエクをされている方にもオススメ。

〈メリット・デメリット〉
水性のタイプは肌への刺激も少なく伸びるため、メイクになじみやすいです。その反面、洗浄力はそれほど高くないので、肌を擦らないように注意が必要。

正しいクレンジングのやり方とは?

顔を洗う女性

自分に合ったクレンジングが決まりましたら、いよいよ正しいクレンジングのやり方をご紹介します。先にポイントだけまとめたので、下記をご覧ください。

  • 手を清潔にする
  • マスカラやアイラインなどのポイントメイクを先に落とす
  • クレンジングは適量
  • Tゾーンなど皮脂の多いところから使用
  • メイクとクレンジングをなじませる
  • 32~35℃のぬるま湯ですすぐ
  • 清潔なタオルを使用

上記のポイントを意識していきます。
内容はそれぞれ下記にて詳しく紹介していきます。

①クレンジングの前に必ず手を洗う

手のひらには多くの細菌がいます。メイクを落とす前に手を清潔な状態にしましょう。

②ベースメイクの前にポイントメイクを落とす

マスカラやアイライン、口紅などのポイントメイクは落ちにくいので、他のメイクした部分と一緒に落とすとなると時間がかかってしまい肌に負担をかけてしまいます。

負担をかけることにより乾燥などの肌トラブルに繋がってしまいます。

ポイントメイクは専用のリムーバーを使い、ある程度は先に落とすことが重要です。そうすることによって肌への負担が軽減されるだけでなく、しっかりメイクをされる方でもメイク汚れを残さずキレイに落とすことができます。

③クレンジングは適量を使用する

クレンジング剤には適量が決まっています。適量より少ない量だとメイクとクレンジングをなじませるときに摩擦が起き、しわの原因になります。他にも適量を守らないと汚れがキレイに取れません。量が多くてもゴシゴシ使ってしまうと乾燥の原因にもなります。

④Tゾーンから頬、目や口の順で行う

顔の中でも皮脂の多いTゾーンから頬の順に肌の上を優しく撫でるように洗います。
次に、目や口周りは皮膚が薄いのでより優しくクレンジングをなじませます。どのパーツも力をいれずに優しく丁寧にしましょう。

⑤メイクをしている箇所の全てになじませる

汚れを残さずキレイに落とすために、丁寧に優しくクレンジング剤を顔全体になじませます。

⑥すすぐ際はぬるま湯を使用&すすぎは約1分

クレンジングをすすぐ時は32~35℃のぬるま湯で落とします。熱すぎるお湯だと、必要な皮脂まで落ちてしまい、乾燥してしまい肌トラブルの原因になってしまいます。また、冷たすぎると汚れが十分に取り切れず、ニキビなどの原因になってしまいます。他にも生え際やこめかみ、フェイスラインは見落としがちになってしまうので、意識して落としましょう。

きれいなタオルを使用

クレンジング後は清潔なタオルを使い、優しく顔に当てるようにポンポンと刺激しないように水気を拭いてください。ゴシゴシと力任せに顔を拭きますと摩擦により肌に負担をかけてしまいます。

水気を取り終えたら顔の水分が蒸発する前に、素早く化粧水をつけ保湿クリームをし、お肌の栄養を逃がさないように閉じ込めましょう。

まとめ

クレンジングは正しく使わないと色々な肌トラブルを引き起こします。顔のお肌はデリケートなので、基本的に力を入れすぎず、優しく撫でることを心掛けましょう。

意識し正しく使うことによって、キメ細やかな肌を手に入れることができます。なお、肌トラブルが酷く続く場合はスキンケアだけでなく、専門の病院に相談するようにして下さいね。