肌のバリア機能が低下するとどうなるの?正しい対策方法とは?

きちんとスキンケアしているつもりなのに、中々肌トラブルが収まらないことってありませんか?

もしかしたらその原因、が持っているバリア機能の低下にあるのかもしれません。
健康的で美しい肌を維持するために欠かせないバリア機能の役割について詳しくまとめてみました。

バリア機能の役割、知ってる?

肌のバリア機能

バリア機能は、肌の表面に位置する角質層の働きによって行われています。それらを詳しくみていきましょう。

バリア機能は肌を外部の刺激から守り、肌の水分の蒸発を防ぎ潤いを閉じ込めます。バリア機能は、肌の水分が十分保たれた状態で初めて機能します。肌が潤いを保つためには3つの重要な要素があり、「皮膚膜」・「NMF」・「セラミド」の3大保湿因子がバランスよく正常に働くことにあります。

肌の表面を覆い水分の蒸発を防ぐ「皮脂膜」・角質層の角質細胞内にあり水分を保持する「NMF」・角質細胞と角質細胞の間を埋め、角質層内の水分の蒸発を防ぐ「セラミド」がそれぞれの役割を果たすことで、肌の水分を保ち、バリア機能を働かせることができるのです。

肌が乾燥しやすく外部からの刺激を受けやすくなっている場合、肌のバリア機能が働いていないことが考えられます。

肌のバリア機能の低下は何が原因?

乾燥している肌

バリア機能が低下すると乾燥肌になり、紫外線の影響を受けやすくなったり、化粧品がしみたり、掻いたり擦ったりしたときの刺激に弱くなります。この状態が続くとシミやシワ、たるみができやすくなります。また、ウイルス細菌などの侵入を防ぐ力も弱まるため、皮膚が感染症を起こす可能性も高くなります。

では、何が原因で3大保湿因子のバランスが崩れ、バリア機能が低下するのでしょうか。バリア機能が働く角質層は0.02mm程度しかありません。この薄い層が全身を覆いバリア機能を働かせるという重要な役割を担っています。

0.02mm程度しかない角質層ですので、スキンケアの際は、力を入れず優しく丁寧に扱うことが基本です。また、頻繁に洗顔をしたり、熱いお湯で洗い流すなどすると、セラミドも一緒に洗い流してしまいます。角質細胞内にNMFが正常にあったとしても、セラミドがなければ角質細胞の間が隙間だらけになり、どんどん水分が逃げてしまいバリア機能を正常に働かせることはできません。

外から受ける刺激として他にも、外気の乾燥、紫外線による刺激もバリア機能低下の原因になるので注意が必要です。

体の中から受ける刺激も、バリア機能を低下させる原因です。栄養不足は内的原因の一つです。肌は主にタンパク質でできているので、肉や魚・豆類・卵などから良質な栄養素を取り入れて、体の中から肌の状態を整えることも大切になります。その他内的要因として、睡眠不足血行不良精神的ストレスなどが挙げられます。

その他、ターンオーバーを整えることも大切です。
保湿因子のMNFとセラミドはターンオーバーの過程で作られます。ターンオーバーが正常に働かないことで未熟な保湿因子が作られてしまい、肌の潤いを保てなくらることでバリア機能の低下を招いてしまいます。

バリア機能を整えるスキンケア方法

化粧水で保湿を行う女性

バリア機能が崩れるのを防いだり、一度崩れてしまったバリア機能を回復させるには、肌の内と外、両方からのアプローチが有効です。

外からのアプローチは正しいスキンケアを行うことです。バリア機能が低下している肌は肌が乾燥している状態です。

保湿

まずは、保湿に重点を置いたスキンケアを心がけましょう。
また、肌が敏感になっている場合が多いので、刺激の少ない化粧品を選んで肌に負担をかけないことも大切です。そして、肌に触れる際は、優しく丁寧に扱うことが重要です。ゴシゴシこすったり、強い力で刺激を与えることは禁物です。

洗顔

洗顔時にすすぐ際、シャワーのお湯を直接顔に当てると刺激が強すぎるため、肌を傷つけてしまいます。ぬるま湯を手ですくってすすぐようにしましょう。

そして、洗顔後の水分の拭き取りの際は、タオルで軽く抑えるようにして水分を取るようにしましょう。このように肌はデリケートなものだと認識して扱うことが大切です。

生活習慣

中からのアプローチは、生活習慣の改善と食生活の改善になります。体力の回復が寝ている間に行われるのと同様に、肌の修復も寝ている間に行われます

そのためバリア機能を改善させるには睡眠が大切になってきます。睡眠と聞くと睡眠時間の確保に重点を起きがちですが、大切なのは毎日決まった時間に就寝し生活のリズムを一定に保つことです。

就寝時間がバラバラだと睡眠の質の低下に繋がりますし、生活のリズムが乱れることで肌の修復機能が正常に働くことができなくなります。

また、乱れた食生活は、栄養不足に陥りやすくなります。バリア機能が働いた健康的な肌を維持するためには、バランスの取れた食事が大切です。

栄養素の中で特に意識して取り入れたいのは、栄養の吸収率を高めるため腸内環境を整える作用がある食物繊維発酵食品

全身に栄養を行き渡らせるため血行を良くするビタミンEや鉄分。肌をつくる主成分のタンパク質です。バリア機能を正常に働かせるためには、栄養の吸収率を高め、血行を良くして、必要な栄養を取ることを心がけましょう。

まとめ

バリア機能は健康的で美しい肌を維持するために欠かせない働きをしていますが、間違ったスキンケアや食生活の乱れなどで能力が低下しやすいものです。

日頃のスキンケアや生活習慣、食生活を見直して、バリア機能を低下させないように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です